• HOME
  • 当事務所について
  • 所長ごあいさつ

所長ごあいさつ

ご覧頂きありがとうございます。

 

皆様の日々の活動から生み出される有形、無形の資産(価値、成果)は、事業の継続、発展のために無くてはならないものでしょう。

 

私どもアーネスト国際特許事務所は、その資産形成を知財専門家という外部の人間の立場からお手伝いさせて頂くことを使命としております。

 

すでに生み出されて形になってきたものを特許や商標として権利化することは基本的な業務です。一口に権利の取得といっても、お客様それぞれに、様々なご事情がありますので、お客様のご意向に沿って進めていくことを第一義としております。何なりとお申し付け下さい。

 

冒頭に戻り、「資産形成」を行っていく工程を考えるといくつかのフェーズに分けることができます。

 

まずは企画段階、次には企画して選択した事項を実行に移す実施段階、最後にその実施成果を確認する最終段階です。

 

企画段階--

 

企画段階では、お客様の現在の事業、コア技術をベースとして、品質、生産性向上や次の事業、横展開を考えていく段階です。

 

お客様の普段の経済活動の中では、なかなかこうした企画にお時間を割くことができないのが普通かと存じます。それだからこそ、外部の人間を使うことでプロジェクトを展開させることができるメリットがあります。

 

パテントマップの活用や、(御社の研究者+外部の目)による相乗効果利用で、有力な候補が誕生することでしょう。また、これからの進路に先行者がいないとも限りません。事前の調査も不可欠です。

 

なお、パテントマップは過去の技術の分布を見るだけで将来の動向までわからないという方もいらっしゃいますが、世紀の大発明はともかくとして、一般的な技術は過去の技術の積み重ねから生まれるものであり予測できないものでもありません。

 

実施段階--

 

企画の実施が決まったところで、その実現手段が種々考えられます。仮想実現手段について広く特許を取得しパテントポートフォリオを構築することが望まれます。
また、仮想実現手段の中からコスト、簡便性、量産性等を考慮して実際に決定した実現手段については、改めてその保護の方法を検討します。

 

特許出願をせず、営業秘密として保護することも一案です。また、権利取得と並行して自己で独占実施するのか、他者への実施許諾をさせるのか、といった選択も重要になります。

 

最終段階--

 

プロジェクトが動くことでそのフォローが必要になります。企画の段階である程度の出口は想定するものの、それとは異なる結果となる場合も多いからです。さらなるスケールアップをするためには何が必要か、撤退するにはこれまでの成果をどうするか、予期した効果を達成できないボトルネックは何か、業務提携先はどこかなど、当初の予想以上に解決すべき問題が生じてきます。これらの解決についても外部の目を利用できます。

 

以上のように、特許や商標の取得という権利取得の一場面に始まり、様々な場面でお客様のお役に立てるよう努めて参りたいと考えております。

 

アーネスト国際特許事務所をお引き立て賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

弁理士 武田寧司


 

お問い合わせ